プロフィール

ヒポミ


名前: ヒポミ (hipomi)

カバ柄の布をきっかけに、絵画・切手・コイン・電気製品から新聞広告までジャンルを問わずカバに関するグッズを集め、
集めたかばをホームページで紹介。4年に一度コレクションを公開するカバ好きの祭典『かば祭り』を開催している。


かばコレクションの歩み

1980年
かばコレクション第1号となるピンクのかば柄の布を購入。

カバ柄のタオル、スリッパ、石鹸もすべてピンクのカバ。
トイレの中をピンクのカバだらけにした。
 
1989年 トイレのカバをきっかけに、たまにカバグッズと出会うことをささやかな楽しみとして、カバの表情に心を和ませていた。カバ柄の布を買ってから9年。いつのまにか、部屋にはかばグッズが増えていた。数えてみたら、101個
 
1991年 カバ集めが周りの人の知るところとなり、友人知人、そのまた友人がカバ見たさに我家に来るようになる。
 
1993年 いっそのことおひなさまの代わりにカバグッズを並べようか?!と、この年ひな祭りにカバを飾って祝う。これがかば祭りの始まり
 
1994年 好評なので、第2回かば祭りを自宅で開催。家中かばだらけの1週間。
皆でカバのトレーナーを着たり、好きなカバを選んだり。
カバで遊ぶ。来客も増える。
 
1995年 第3回かば祭り開催。友が友を呼び、そのまた友も友を呼ぶ。
1週間の期間中、老いも若きもカバで騒ぐ。
初めて来る人には入場料代わりにカバ1個を持ってきてもらう。
1人1カバ、友もカバも増える。
 
1996年 第4回かば祭り開催。会場「世田谷ギャラリー」
*案内状(イラストはSATUKIさん)
 
1997年 カバ集めに協力してくれる友人を募り、かば友の会を作る。
会員は今もカバ集めに協力し、かば祭りを助けてくれるカバ友達。
本名にカバを文字ったカバ名をつけて呼び合う。
ヒポミという名前もこの頃ついたもの。
 
1997年 かばコレクションの目録作りを始める。
(この時点でおよそ1000個のカバコレクション)
 
2000年 第5回 かば祭り2000 開催。会場「世田谷ギャラリー」
*案内状(イラストはSATUKIさん)

ホームページ『ヒポミのかばコレクション』開設。
 
2001年 「毎日がかば祭り」を目指して、ホームページで【今日のカバ】開始。
 
2003年 英語版ホームページHipomi's Hippo Collection開設。
世界中のカバ好きからメールが来るようになる。
フランスカバ友の会(ADH)との交流が始まる。
 
2004年 第6回 かば祭り2004 開催。会場「切手の博物館(東京目白)」
沖縄から北海道まで、日本全国のカバ好きが遊びに来てくれた。
*案内状(カバのイラストはSATUKIさん)
 
2007年 第7回 ヒポミのかばコレクション展 in いしかわ動物園 開催。長寿日本一のカバ「デカ」の誕生日をコレクション展示で祝う。
 
2008年 第8回 かば祭り2008 谷中・根津・千駄木の3箇所のギャラリーとショップで開催、岡山からカバヤのかば車も参加。日本全国から、またフランスからはフランスかば協会のメンバー、イタリアのカバコレクター等世界のカバ好きも遊びに来た。メインギャラリーだけで約1000名の来場者数。
 
2011年 『河馬博覧会ーかば祭り in Ueno Zoo』主催:上野動物園(東京) かば祭りとしては第9回。カバを作るアーティスト達と共に、カバグッズコレクションを展示してカバ来日100年を祝った。
 
2012年 カバコレクションの写真集 『かばの本』 が幻戯書房から出版される。
THE HIPPO BOOK 文・写真 ヒポミ/ <特別寄稿> 池上紀・堀江敏幸・井内岳志

第10回 かば祭り2012 東京下北沢のGALLERY AB-OVOで、出版記念かば祭りを開催。本に載せたカバを中心に展示。


 
2016年 第11回 かば祭り2016 東京・目白 「ブックギャラリーポポタム」にてかば祭りを開催する。世界80余か国のカバを展示する。

ホームへ