今日のカバ 2006年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


2006年5月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
0 1
2
3
4
5
6
7 8
9
10
11
12
13
14 15
16
17
18
19
20
21 22
23
24
25
26
27
28 29
30
31
0 0 0

2006/05/01 MON アイロンビーズの青いカバ  hp02949

Handmade Hippo

"アイロンビーズのかばは、子供達と一緒に作りました。楽しいですよ!"とお母さんの手紙

カバ大好きTKくん家族手作りの青いカバ。ウムムなかなかよくできてる。これだけ単純な形なのにちゃんとカバに見えるところがすごい!
10cm×8.5cm

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/02 TUE アイロンビーズの緑色のカバ  hp02948

Handmade Hippo

もうひとつカバ大好きTKくん家手作りのアイロンビーズカバ。

TKくんのお母さんから、カバ情報もいただきました。
・雑誌『天然生活』6月号のP62にカバのジュエリーケースが載ってます。
・アーティスト"Dt."のファーストアルバムが "hippopotamus"
 逆さになっているかばのジャケットです。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/03 WED ペーパーウエイト ROYAL CROWN DERBY hp02928

ROYAL CROWN DERBY

ひさびさに大枚叩いて買ってしまった。物はロイヤル クラウン ダービーのペーパーウエイト。

"国王ジョージ3世から「クラウン」を、ヴィクトリア女王から「ロイヤル」と二つの称号を頂いた「ロイヤル クラウン ダービー」の誉れは、世界の名窯の中でも際立っています。"(同包の説明書から)
値段も高いが誉れも高いらしい。

最初は誉れのことなど知らず、ド派手な存在感に魅き寄せられた。てっきり日本の作品だと思った。背中で吠えてる唐獅子牡丹を思わせる絵付け。義理と人情を秤にかけて生きてる男を感じてね、思わず"あんた、あたいの家に来てな"と姉さん気分で一目惚れ。
"古伊万里の技法を取り入れた大胆な色使いや豪華絢爛たる作風は東洋の古典的な趣を持ち、世界の王侯貴族憧れ"だったそうで。なるほど。

連休の3日間、彼をとことんお見せします!
Royal Crown Derby  ペーパーウエイト イギリス製

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/04 THU ペーパーウエイト ROYAL CROWN DERBY hp02928

ROYAL CROWN DERBY

豪華絢爛な模様を背負って顔で風切るこの姿。カッコイイ〜!しかしその姿に似合わず、乙女のような繊細でやさしい目をしている。

本来は、中に砂を詰めてペーパーウエイトとして使うものだとか。底には砂を出し入れするための穴がついている。体長20.5cm 胴回りも太い。

Royal Crown Derby  ペーパーウエイト イギリス製

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/05 FRI ペーパーウエイト ROYAL CROWN DERBY hp02928

ROYAL CROWN DERBY

どこから見ても隙がない。後姿も美しい。三角のシッポの真下に咲く花を見ながら非日常の夢の世界に迷い込む。秀吉の金の茶室にこのカバが置いてある絵を想像し、ロマノフ王朝の宮殿のどこにこのカバを置いたらいいかしらと悩んでいるうちに・・・あら、今日で連休は終り。

Royal Crown Derby  ペーパーウエイト イギリス製
日本橋三越 食器売場で購入

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/08 MON  ロッキングのフォトフレーム hp02960

ロッキングフォトフレーム

ある日、友だちの友だちから写メールが届いた。"このカバ持ってます?"その時のカバは持ってるものだったが、三日後再び写メールが送られてきた。"これはどう?""持ってな〜い!"というわけで、友だちの友だち、へろりさんからのプレゼント。

"初めての「名前も知らない」店で偶然見つけました。
 小さな写真が入って、ふわふわ揺れますの。
 少しばかり派手な色彩ですが(笑)
                     へろり♪より。"

Manina LADONNA CO.,LTD
写真フレーム部分 63mm×63mm

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/09 TUE ジンバブエの小さな石のカバ hp02961

ジンバブエの小さなカバ

"カバたまりました。"

力持ちMKさんがカバ一袋かついできてくれた。MKさんはいつものように"たいしたカバがいなくって・・・・"と言いながら袋の中のカバを一つずつとりだし、出てくるカバ達はいつものように、けっこうたいしたカバだった。

"ぼくがぜんぶ買うから!"MKさんがどれを連れ帰ろうか迷っていたら、一緒にいたご主人がこう言ってくれたそうな。ジンバブエのカバニ頭とこれから登場する木のカバとあわせて四頭。高円寺ルック商店街のあらゆる民族物が置いてある店から。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/10 WED ナイジェリアの木の小さなカバ hp02963

 ナイジェリアの木の小さなカバ

アゴ、はずれてないかしら?

力持ちMKさんのご主人が買ってくれた四頭のカバの中の一つ。 高円寺ルック商店街のあらゆる民族物が置いてある店から。
軽い木でできたナイジェリア製。体長7cm。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/11 THU ナイジェリアの木の小さなカバ2 hp02964

 ナイジェリアの木の小さなカバ2

もう一つは口を閉じている。昨日のカバと対で阿吽のカバか?

力持ちMKさんのご主人が買ってくれた四頭のカバの中の一つ。 高円寺ルック商店街のあらゆる民族物が置いてある店から。
軽い木でできたナイジェリア製。体長7cm。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/12 FRI 『デカめもりあるばむ』いしかわ動物園 hp02971

『デカめもりあるばむ』

連休中"思い立って「いしかわ動物園」へ行ってきた"というKF氏から冊子が送られて来た。

『デカめもりあるばむ-長寿日本一となったカバの記録-』全14頁
編集・発行いしかわ動物園

2006年3月いしかわ動物園の"デカ"は54歳になり、東山動物園の重吉の長寿記録53歳を更新した。ある家族の1枚の写真がきっかけとなって作られたこの冊子は、来園者が撮った写真を中心に構成されている。そこにある50余枚の写真はどれも温かい。

動物園の動物を見ると私はいつも思う。狭い檻の中の一生は悲しくないのかと。でもこの写真集を見るかぎりそれは勝手な思い込みにすぎないような気がした。若いころのデカ、新婚の頃のデカ、子育て中のデカ。「めもりあるばむ」はデカが周りの人と係りながら一生懸命に生きてることを教えてくれた。いしかわ動物園のスタッフに囲まれて、デカは長寿記録を更新中。デカばあちゃん、長生きしてね。

最高のお土産を送ってくれたKFさん、ありがとうございました。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/15 MON 昭和レトロシリーズ 携帯ストラップ ジューC・ピーチ  hp02927

昭和レトロシリーズ 携帯ストラップ ジューC・ピーチ

カバヤと言えばジューC。遠足にはジューCの筒を握りしめてたっけ。

懐かしの昭和のヒット商品をストラップにした昭和レトロシリーズストラップ。たしかに、懐かしい・・・。と言ってもジューCのちょっと前、カバヤ文庫のオマケで有名なカバヤキャラメルは知らない。カバのロゴを見るのは初めてだ。こんなロゴがあったのね!

で、しばらくぶりにカバヤのホームページを覗いてみたら、リニューアルされてグンと楽しくなっていた。ゲームあり壁紙ありプリントできるレターセットやカレンダーありとサービス満点。あの幻のようなTVCMも見られる。カバキャラたちの出迎えに始まり、泣きが売りのカバガラスがこいのぼりに食べられて泣いてたり、川場村なら知ってるがカバ村!なんて知らない村ができていて、村の温泉にカバロボ1号が浸かってたり。とにかく愛すべき、カバじゃないけどカバキャラ達が大活躍。"カバじゃないだろ"と責めるでないよ。ヒポミだってカバを装った人間なんだから。

「昭和レトロシリーズ」 携帯ストラップ ジューC・ピーチ
KFさんから寄贈。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/16 TUE 昭和レトロシリーズ カバヤジューC Tシャツ  hp02926

昭和レトロシリーズ カバヤジューC Tシャツ

昨日に続き、昭和レトロシリーズ カバヤジューC Tシャツ
胸に大きくカバのロゴと積まれたジューC。こんなスゴイのあったんだ。

それにしても、東京ではカバヤのお菓子となかなか出会えない。かば祭り2004の時にもカバヤのキャンディを捜したが結局みつからなかった・・。ところが、カバヤのサイトを見てびっくり。こんなにお菓子作ってたの!?キャンディだってたくさんあるじゃない!

しかし、キャラクターにネコ、クマ、ウシ、パンダ、ウサギがいてですよ、カバがいないのは寂しいじゃありませんか。ま、コマーシャルはカバガラスたちカバキャラに任せるとしても、カバ型グミとかカバの赤い汗キャンディとかカバも大好きおからクッキーなんて商品を開発して欲しいなぁ。カバヤはカバを掲げて進もう!これぞ、コーポレート・かばナンス。なんちゃって・・・。

「昭和レトロシリーズ」 ジューC Tシャツ
KFさんから寄贈。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/17 WED 子供用ソックス hp02965

petit socks

どうみてもカバでしょう?

この目、鼻の穴、口、耳の位置関係はやっぱりカバ。高円寺で力持ちMK、TK夫妻が発見。子供用の足型にはかせてあったディスプレイがとっても可愛かったそうだ。

サイズは13〜18cm 2歳から6歳用。サイズ23cmの私にも履けないことはないけれど(つまり履いてみた)、生地が伸びに伸びちゃうからワニかヘビみたいな顔になってカバのかわいさは失せた。大人が履くのはやめましょう。ピンクとブルーの色違いあり。

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/18 THU お休みカバのポーチ hp02969

Happy Relax Pouch Hippo

"太ったんじゃない?"と私
"私もそんな気がするんです"と力持ちMSさん

で、2005年11月4日【今日のカバ】と見比べると、たしかに胴回りがだいぶ太くなっていちだんとカバらしい。私は太ってるほうが好きヨ!

スリムなカバはペンシルケース。太めのカバはポーチ。
力持ちMSさんが東急ハンズで保護。
Bestever

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/19 FRI アフリカのカード hp02967

greetings card

アフリカ市場タムタムから力持ちMKさんがつれてきてくれたカード。

カバ体型を作る縁は細い針金。中の花はチラシを切り取ったのかな?黄色い布はのりで貼ってある。小学生の工作のような材料と方法で、このおしゃれなカバのカードはできている。著作権マークも商標も生産国も書いてないけれど、それでも立派な商品で、お金を出して買う価値がある。・・・と、お金を出したのは力持ちMKさんだったけ。ありがとうMKさん。

7cm×11cm 無地のグリーティングカード

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/20 SAT アフリカのカード hp02968

greetings card

アフリカ市場タムタムから力持ちMKさんがつれてきてくれたもう1枚。
カバの体型はほぼ同じ。身体は無地で布はチェック。
7cm×11cm 無地のグリーティングカード

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/22 MON カバのタイル 山田実穂 hp02972

Hippo Tile

"かば製造業"山田実穂さんの個展へ行ってきた。

うふふ、うふ、うふふふ、作品すべてがカバ。ギャラリーにカバが溢れている。嬉しくて顔が緩みっぱなしだった。橋を渡る親子かば、ピラミッドの前に佇むかば、ピラミッドにはかばの壁画。古代エジプトでかばが遊んでいた瞬間を切り取ったような、もっともそんな瞬間はなかったんだろうけれど、そんな風景があったと思わせるような作品が並んでいた。タイル10cm角(5250円)を購入。

山田実穂展 -遠くから来たかば-
2006年5月19日(金)〜5月27日(土) 11時〜18時30分(最終日16時まで)
ガレリア・アッカ(galleria ACCa)
台東区下谷3-1-32 日比谷線入谷駅から徒歩2〜3分昭和通り沿い
03-3873-2340
http://www.galleria-acca.com/

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/23 TUE  フォトフレーム hp02973

Photo Frame Hippo

"『アンガ』さんというアフリカ雑貨のお店にたくさんのカバさんがいます。"
と、S田さんからかば情報。さっそくサイトをのぞいた。
anga『アンガ』

ケニア雑貨の店と書いてあるからケニアのカバなんだろうと思うが、今まで見たことのないカバが多かった。それでついつい数点も購入してしまった。カバにはゆるい私のサイフのヒモ。写真は木でできた壁掛け用写真立て。中に入っているのは昨日紹介した山田実穂さんの個展の案内はがき。

で、『アンガ』のお店を教えてくれたS田さんから次のような問い合わせ。
"・・・今日(2006年5月6日(土)TBSの『王様のブランチ』という番組の中で、小川洋子さんの新書『ミーナの行進』という本でカバが登場したということですが、どなたか詳細をご存じですか? "
ご存知の方はヒポミまで!

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/24 WED ガシャポン カバトリップコレクション1 hp02950

Kaba Trip Collection

"大人買い"と言うそうな。

割引きもあり時間もかからないで全部揃う!と喜んでネットで注文したガシャポンの"カバトリップコレクション全10種”。届いたのはガシャポンに入れる前段階のカバ達で透明の入れ物には入ってなかった。ゲット!と言うより"仕入れ"ですナ。CAFEかばコネで、ばこさんのガシャポンゲット話を読んでうらやましかった。一番の楽しみと引き換えに全種類を手に入れた大人買いの寂しさを感じたのであります。大人ってつまらないのねぇ。

で、10種類のカバトリップ勢ぞろいの図。大きく開けた口の中にはそれぞれのカバからメッセージ。私は口の中に宇宙が広がる"壮大な夢" Ginga Kaba(銀色)が好きだ。このカバコレクション第2弾はあるのか!?

カバトリップコレクション1
株式会社バンダイ (c)BANDAI 2004

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/25 THU ファイルボックス 市原淳 p02966

HIPPO DELIVERY

"薔薇の木に薔薇の花咲く何事の不思議なけれど" 北原白秋

友人が書道展で出品していたこの詩は、私の今の気持ちにぴったりだった。パンジーを植えるのに飽きたのか、ふと薔薇でも植えてみようかと去年苗を植えた。種類も色も違う5本の薔薇の苗がここ1週間で次々と花を咲かせ、私は朝に昼に庭へ出ては薔薇の花に見とれている。あんな枯れ枝みたいな苗が、寒い冬に耐えてこんなにきれいな花を咲かせたことに感動しているのだ。写真にちょっとだけ顔をだしている淡いピンクの薔薇はロイヤルハイネス。

ペンギン運ぶカバの運び屋"HIPPO DELIVERY"家を運んでいる絵は裏側に。2005年8月10・18日の【今日のカバ】にも登場している。今回はファイルボックス。"このファイルボックスにカバのファイルを入れてください"と、力持ちMKさんから寄贈。

市原淳 (c)Jun Ichihara BY GALLERY A.P.J.graphic station

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/26 FRI  『ミーナの行進』の栞 hp02989

ミーナの行進 栞

『ミーナの行進』のカバについて教えて!と3日前の問いかけにさっそくYUさんから情報メールをいただいた。

"私の知り合いの方から、つい先日栞をもらいました。それには;
「美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は 損なわれることがないー1972年、芦屋の屋敷で育まれたふたりの少女と、家族の物語」
4月25日発売予定 『ミーナの行進』 小川洋子著
Mina auf dem Marsch (なぜか題名がドイツ語で。。)
挿画・寺田順三(カバの絵が表と裏に書かれています)
中央公論社 定価1680円(税込み)"
"栞を画像で送れなくて申し訳ない"と付け加えられていた。
そしたら昨日、鎌倉のIさんから栞が届いた。これですね!
YUさん、Iさん、ありがとうございます。

"本の内容にはカバは登場しないみたいですが、表紙にカバさんの絵が出ているので販促用にカバグッズを作ったらしいのです。それがどんな物なのかは分かりませんが、気になりますね。"(CAFE かばコネクションでS田さんの書き込みから)

調べてみたらこの原画の個展開催中。カバの絵はあるのかな?
■小川洋子 著/寺田順三 画「ミーナの行進」出版記念原画展
2006年5月16日(火)〜29日(月)
プランタン銀座本館7Fアートギャラリー「ギャルリィ・ドゥ・プランタン」

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/27 SAT  小川洋子著 『ミーナの行進』 hp02990

ミーナの行進

たいへんだ!『ミーナの行進』にポチ子という名のカバが登場している。

"プランタン銀座の『ミーナの行進』原画展"へ行った。かなりカバの気配がする。原画(PC作品なので、プリントアウトして額装したもの)にもカバの姿たくさん。カバの図柄のマッチ箱、紙工作。カバのぬいぐるみ予約受付中?

『ミーナの行進』は2005年2月から12月まで毎週土曜日に読売新聞に連載していた小説で、会場に展示してあるその切抜き(私はこれがいちばん欲しかった)を読んでカバが小説に登場していることがわかった。原画とは新聞挿画の原画を指しているらしい。会場に積まれた本をめくるとカバの挿絵はほんのわずかしかない。が、本文にカバ登場とあれば、とにかく本を購入するのが先だろう。プランタンで本だけを買った。

本を読むとき私はカバーをはずす。帰りの電車で買った本を読もうとカバーをはずしたら、そこにカバが並んでいた。ふふふ、イイ感じ。そして読み進んでまもなく(15頁だ)カバのポチ子登場である。芦屋の屋敷でコビトカバを飼っている。今100ページまで読んだ。小説を読むなんてしばらく振り。面白い。それはやはりカバが出てくるから。小説に登場するのはコビトカバで挿絵は普通のカバなのは少し疑問もないではないが(顔がぜんぜん違うでしょう)、そんなことはどうだっていい。小説だものカバの顔でコビトカバの体を持ったポチ子を想像しながら読み進んでいる。

個展会場では、会場のみで予約を受け付けるカバのぬいぐるみ(全4色各色50個限定)。原画は各5枚限定で販売。はがきにはカバの柄1種あり。

小川洋子著 『ミーナの行進』 2006年 330ページ 中央公論社 1680円

■小川洋子 著/寺田順三 画「ミーナの行進」出版記念原画展
2006年5月16日(火)〜29日(月)
プランタン銀座本館7Fアートギャラリー「ギャルリィ・ドゥ・プランタン」

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/29 MON ケニアのぶつぶつカバノートブック hp02975

ケニアのぶつぶつかばノート

ケニア雑貨の店angaから買ったカバ。全身にブツブツがあるカバシリーズ。

12cm×9cmの小さいノートブック。小さいわりに厚くて硬い立派な表紙。表面には漆のようなものが塗ってあり、そこにカバの絵。中は無地の色紙(赤、緑、黄色、青、オレンジ)が28枚綴ってある。

anga『アンガ』

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/30 TUE 『ミーナの行進』ハガキ (c)Junzo Terada hp02991

Post Card (c)Junzo Terada

『ミーナの行進』を読み終えた。

小説の舞台の家がカバを飼っていたことが大きい。"行進"は生きること。背景の時代は私が生きた時代でもあって、川端康成の死やバレーボールの猫田の活躍など文を読むだけで当時の記憶がよみがえった。当時の自分を思いノスタルジックな気分に浸ることができた。私はこの小説がすっかり気に入ってしまった。『ミーナの行進』の世界の何かを傍に置きたい。プランタンの原画展へもう一度向った。

カバの絵柄のマッチ箱がもし一つでも残っていたら・・・。かすかな期待を持っていたのだが、なかった。マッチ箱は手作り品で、もともと数も少なかったらしいが、最終日で会場を締める直前にあるわけないか・・。栞と同じ絵ハガキが残っていたので、買った。会期中のみ受付けの50個限定のぬいぐるみも予約した。でもいちばん欲しかったのは連載新聞の切り抜きとマッチ箱だったなぁ。

マッチ箱は、1日から開かれる神戸の原画展では神戸分のマッチ箱が売り出されるんじゃないかと思う。神戸の方はチャンスです、きっと!

■「ミーナの行進」(小川洋子・著/寺田順三・画)出版記念原画展
6月1日(木)〜11日(日)
Gallery Vie(ギャラリー・ヴィー) 
神戸市中央区海岸通3-1-5海岸ビルヂング306号

■カバ情報 カバヤが"かば車"を復刻プロジェクト
ノスタルジックと言えば、カバヤは1950年代にキャラメルの宣伝のため全国を巡ったあのカバ車(といっても私は知らないですヨ)を復刻するプロジェクトを開始。尼崎市の高校生達の手でトヨタのエスティマをカバ車に改造するんだって!現代のカバ車はどんな車になるのだろう。いいカバ車ができるといいなぁ。完成の11月が楽しみ。そういえば『ミーナの行進』の主人公朋子は岡山生まれ、カバヤは岡山の会社。岡山にはカバの土壌があるの?

今月のカレンダーへ ↑

2006/05/31 WED ケニヤのぶつぶつカバのキーホルダー hp02977

ケニヤのぶつぶつカバのキーホルダー

ケニア雑貨の店angaから買ったカバ。全身にブツブツがあるカバシリーズ。

お店のサイトにぶつぶつカバはたくさんいて、その中のどれを我家に呼ぼうかと悩んだ。ジーコの気持ちが良くわかる・・なんちゃって。それにしても今朝のドイツ戦はいい試合だった。ワールドカップ本戦並にテレビ観戦にも力が入って叫びまくり、おかげできょうは声の出がよかった。
で、苦悩の決断の末選ばれたカバ達は、なにか一つ魅力があるからで、このカバの魅力は青色に有り。

anga『アンガ』

今月のカレンダーへ ↑

今日のカバ 2006年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


今日のカバカレンダー