今日のカバ 2006年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


2006年12月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
0 0 0 0 0 1 2
3 4
5
6
7
8
9
10 11
12
13
14
15
16
17 18
19
20
21
22
23
24 25
26 27 28
29
30
31            

2006/12/04 MON インディアン ティッシュケース hp03126

カバのティッシュケース


獅子舞の獅子か?

売っていたのはインディアンアクセサリーを扱っているお店。と言うことはインディアン関係?どこかインディアンの酋長の頭飾りを彷彿とさせる姿である。

かぶせるタイプのティッシュケース。頭にかぶることも可能だが、かぶるとワニっぽく見えるし、不安定。だからあまりオススメしません。

「Tepee(ティピー)」
http://www.tepee.ne.jp/index.html

教えてくれたMHさん、ありがとうございました。

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/05 TUE フットパペット のっそりかばさん hp03129

フットパペット のっそりかばさん

”あんよもお手ても笑いだすフットパペット”

な〜るほど。ただの靴下にしちゃかわいいと思った。指人形ならぬ足人形にもなるんだ!手にはめれば指人形にもなるし。足のうらの足型にしても顔のつくりにしても凝りに凝り凝り、凝ってる。

しかし税込み1575円也。指人形にもなるとはいえ、赤ちゃんのくつしたにこの値段は高すぎないかなぁ。

運び屋NKさん発見。成城コルティ内「George’s」で購入。
企画販売ダッド・ウェイ
Solby

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/06 WED まねき屋 張子のカバ hp03145

まねき屋 張子のカバ 

お店をのぞいたら奥にいた店主が”カバがあります!カバが!”と思いっきり手招きしたのでトトトと店に入った力持ちMKさん。

谷中のこの店にはなかなかカバがいなかった。ついに、ついにカバが来た!店主も喜んで手招きに力が入っていたわけだ。

手作り張り子のカバ。耳がチョッとカバっぽくなくて、トトロが混ざった感じのカバだが、丁寧につくられた張り子に感激。”いい仕事してますねぇ”とうなってしまう美しさ.”起き上がりこぼし”ぜったい倒れません。高さ約5cm。

河内國 六万寺 「まねき屋」の張子玩具
「大野」というハンコが押してある。まっすぐしっかり押してあるそのハンコは、この作品を作った人に違いない。丁寧でまじめで責任のある押印だ。

力持ちMKさんから寄贈。

購入は「古今東西雑貨店 イリアス」
東京都台東区谷中2-9-12-1B 03-3827-2722
http://www.big-o.co.jp/irias/index.html

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/07 THU 乳歯入れ hp03152

乳歯入れ hp03152

直径 約3cm。高さ約3cmの小さな入れ物。
乳歯入れmilk tooth box。

「欧米では抜けた乳歯を枕の下に入れて眠ると歯の妖精(トゥースフェアリ)Tooth Fairy がやってきてコインと買えてくれるという素敵な言い伝えがある」そうな。

私が子供の頃は、まっすぐ歯が生えるように祈りながら、上の歯は縁の下に、下の歯は屋根に向って投げたような記憶がある。このお祈りの儀式はどこの家庭でもやっていたことなのだろうか、あるいは我家だけがやっていたおまじないだったのかしら?

ダイソー にゅう歯いれ(アクセサリー、小物、薬のケースにも)
A家から寄贈。

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/08 FRI バースデーカード wild bunch  hp03149

バースデーカード wild bunch

カバ好きにはこのバースデーカードを!

多摩地区担当FSさんから寄贈。小田急百貨店内伊東屋にて購入。

バースデーカード birthday joy 14cm*14cm
(c)dandelion /wild bunch code wb04/
the wild bunch are designed by Jan Barger printed in england

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/11 MON "HOT STUFF Darly" hp03146

"HOT STUFF Darly"

秋葉原デビューを夢見て秋葉原へ!

ダンスと歌をレッスン中。

銀座ソニープラザで購入。
YSさん、情報ありがとうございました。

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/12 TUE アニマルオーナメント(ラベンダーの香り) hp03150

アニマルオーナメント(ラベンダーの香り);

差出人は沖縄のMSさん。封筒を開けるとフワ〜ッとラベンダー香りが広がった。中には紙のぶら下げ物。カバの絵とラベンダーの香りの粒が連なっている。

「リラックスグッズが色々と出ていて、カバはラベンダーの香り。そのほか5点ほどありました。
"Hippo is able to make you relax."
本当にそうですよね。」とMSさん。

カバの顔が描いてある小さな紙とラベンダーの香りの少しの粒。こんな小さなモノが疲れた頭や身体を癒してくれる。描かれた動物がライオンじゃこうはいかない。やっぱりここはカバでなきゃ!関連商品が5種類あるらしいのが気になる。沖縄のMSさんありがとう。

「Pres animals アニマルオーナメント カバ ラベンダーの香り」
株式会社バンクール

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/13 WED カバの木のプッシュトイ  hp03128

カバの木のプッシュトイ

今年の紅葉は色鮮やか。イロハモミジの赤もイチョウの黄色も美しい。

玩具が並ぶ店にあったカバ車。耳の形に少々不満。買おうかどうしようかと箱をいじっていたら箱の裏の「素材:カバの木」の文字が目に入った。カバの木のカバとは気に入った。ま、耳のことはガマンしよう。

玉川高島屋SC内 ヴィラックブティックで購入
Push Toy petite porte
体長14cm

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/14 THU Vilac 木のシオリ hp03133

Vilac 木のシオリ

いけない、いけない。ロナウジーニョとデコの華麗なプレーに見惚れて【今日のカバ】を忘れるとこだった。

Vilacの木のカバシリーズ。宇宙柄のノートとピエロの額とヒトデの鉛筆とカバの栞がセットになって980円。どうみても売れ残りを詰め込んだセット。店員さんに欲しいのはカバだけでどうにかならぬかと必死で交渉したけど・・ダメだった。他にもたくさんカバ買ったのに・・・・クスン(涙)

私は高さ11cmのこの小さなカバのために980円を払ったのだ。オオ!カバ!我が愛!

玉川高島屋SC内 ヴィラックブティックで購入

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/15 FRI Vilac 木の時計 hp03131

Vilac 木の腕時計

Vilacの木のカバシリーズ。おもちゃの腕時計。針は自分で動かす。
時間は自分で作るもの!

玉川高島屋SC内 ヴィラックブティックで購入

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/18 MON ELPH'S CIRCUS ボックス hp03157

ボックス

クラブ世界一はブラジルのインテルナシオナルの手に!
一時も目が離せない試合展開。夕食時の我家では箸が止まることしばしで、食べることなど上の空。消化に悪い。でも、サッカーの試合はそのくらいじゃなきゃ。

湖で鼻提灯をふくらませて眠っているヒューイの姿
ELPH’S CIRCUSからHuey’S CIRCUSへ主役交代の日も近いのでは?と思わせる最近のヒューイの活躍ぶり。スゴイ!

カバしか目に入らないからそう思うんだろ?
・・・・どこからか覚めた声が・・・。

A家から寄贈
(c)ARTEMIS ELPH'S CIRCUS
ファイルボックス Lake

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/19 TUE ELPH'S CIRCUS タブレットケース hp03158

タブレットケース

空には、さざ波のような雲が広がっていた。毎日違う空。

ヒューイのタブレットケース。この空の雲は夏の雲かな・・。

A家から寄贈
(c)ARTEMIS ELPH'S CIRCUS
タブレットケースS

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/20 WED animal pocket ミニメモ hp03165

animal pocket ミニメモ

いいカバはいい!

カバ好きでなくても買いたくなるに違いない。
ノートでデビューした彼が付箋と糊付きメモになって登場。
3頭並んだカバの付箋は特に嬉しい。
アソコにもココにもはりまくっちゃいたい!
5.5cm*7cm

ぽんぽこさんから寄贈
KYOKUTO (株)キョクトウ・アソシエイツ

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/21 THU 『たんじょうびだね ちびかばくん』 hp03156

『たんじょうびだね ちびかばくん』

誕生日と言えばケーキ。

いつからの風習?
この風習はいまも健在?
やっぱりショートケーキ?

かばくんとちびかばくん3
『たんじょうびだね ちびかばくん』1999年
さく・え ひろかわさえこ
あかね書房 

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/22 FRI グリーティングカード hp03171

W.SIENBECK(c)

クリスマスと言えばケーキ。

ドイツのシュトーレン、フランスのブッシュドノエル。

2週間前にもらったシュトーレンはクリスマスを待たずに食べきった。ブッシュドノエルは予約済みで取りに行くのは24日。諸外国の伝統を抵抗なく受け入れる気質を、私も持っている。

カードはフランスカバ友の会のメンバーで熱烈なるカバコレクターF&I夫妻から。日本のカバ好きの皆さんにメッセージです!

We wish you a very happy Christmas and New Year 2007 time. With our friendliest hipporegards to you and Hippo-lovers.

(c)Copyright by W,Steinbeck 88

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/23 SAT "Happy Birthday"(c)Bettmann /CORBIS hp03172

Happy Birthday(c)Bettmann /CORBIS

こんなケーキも!

フランスのカバコレクターF&I夫妻からもう1枚。昨日のカードと比べて見て!F&I夫妻のセンスにはいつもクスッとする。
このカードには同封のプレゼントの説明が書かれていた。そのプレゼントは25日に。
Postcard "Happy Birthday"(c)Bettmann /CORBIS

フランスカバ友の会の代理人YU氏からはクリスマスソングが届いた。古き良きアメリカのクリスマス気分に浸りたい時はいっしょに大声で歌いましょう!
"欲しいのはカバだけさ!”

この曲については【今日のカバ】2003年12月21日

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/25 MON "ADHからのプレゼント" hp03173

ADHからのプレゼント

F&I夫妻からのクリスマスプレゼントはマグネット。

フランス アルザス地方の都市ジェラルメは、冬はスキー、春はスイセンの花が咲き乱れる人口1万人の美しい町。

この町で4月に「水仙祭り」が行なわれる。
お祭りの中心は水仙の花で飾られた黄色い山車のパレード。
参加グループが趣向を凝らしたスイセンの花山車を披露する。

ジェラルメ出身者がメンバーにいることからフランスかば友の会(ADH)は来年のパレードに参加することになり、今春からカバの山車作りの計画を立て着々と完成に向けて準備を進めている。

そのデザインのイメージ図がこのマグネット。
山車をチェス盤に見立ててカバの王様を座らせ、チェスの駒に仮装したメンバーが山車を囲む。山車の高さは5メートルだとか。すごいカバが出現しそう!

準備の様子をADHのサイトでのぞいてみました。
デザインを決めて、山車の土台になる材料コケや枯葉をたくさん集め、山車の骨組みは鉄工所に依頼して、王座の背の高い所は5メートル?すごい!
「ドイツかば友の会のメンバーも加わる予定。日本のカバ好きさんたちもジェラルメの水仙祭りを見にいらしてください。」
と、ADHメンバーからの伝言をお伝えします。

フランスかば友の会(ADH)の会報では
フランスのカバコレクターの活発なカバ活動が紹介されています。
日本のカバの話題、ヒポミのページやかば祭りのことも載ってます。

水仙祭り実行委員会(Societe des Fetes de Gerardmer)のページ
フランス語なので文はわからないけれどジェラルメの場所(Plan d'acces)や過去の祭りの写真(Fete des Jonquilles)など情報がたくさん載っています。

Gerardmer ジェラルメの町のページ

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/28 THU 『オウエンとムゼイ』 hp03154

 『オウエンとムゼイ』

赤ちゃんカバのオウエンと130歳の亀ムゼイのことを知ったのは2005年2月のこと。友人から送られて来たJapan Times(2005/2/28)の切り抜きにはカバとカメのツーショットの写真が大きく載っていた。子カバの愛らしい様子と母のようにカバを見つめるカメの表情は心をホンワカ温かくさせてくれた。

2004年12月26日インドネシアを襲った地震の津波は対岸ケニアにも押し寄せ、川の氾濫で押し流されてたまたま海辺にいたカバの群れがその津波に飲まれてしまった。取り残された子カバが1頭。海辺の町の人々は力をあわせて、子カバを助け自然公園に届けた。

公園に放された子カバはカメのムゼイを母のように慕い始めた。最初はまとわりつかれるのを嫌がっていたムゼイもやがてカバを受け入れてカバとカメは一緒に過ごすようになり、仲の良い2頭の様子は様々なメディアを通じて全世界に発信された。そして2頭は世界の人達から愛される存在になったのだった。

この本はそのお話のドキュメンタリー絵本というべきかナ。カバとカメの微笑ましい写真がたくさん。(公園のスタッフはカバ柄のTシャツを着ていた!)

カバの名前オウエンは、海からカバを助ける時逃げ回るカバにタックルしてカバ救出を成功させた人物オウエン・ソビエンの名前からついたそうな。

津波から2年。カバはきっと大きくなっている。

『オウエンとムゼイ』2006年
NHK出版
イザベラ・ハトコフ、クレイグ・ハトコフ、ポーラ・カフンブ著
ピーター・グレステ写真
日本語訳ベッキー

"OWEN & MZEE: The true story of a remarkable friendship"

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/29 FRI コラージュ (c)石森 忍 hp03162

コラージュ (c)石森 忍

「お歳暮です」
と、力持ちMKさんから手渡された。

MKさんからはたくさんのカバを寄贈してもらっているが、お歳暮と言われたので、そうかこれはお歳暮なんだといつもと違った気持ちでカバを受け取る。

板にコラージュで描かれたカバ。ガラスなしの額装。
板の裏面にはオリジナル作品であることが青、赤、緑のサインペンで。本人のサインが黒いサインペンで。そして自画像?らしき絵もサインペンで。

どれも今まで見たことのないやり方。思想を感じる。センスがいい。ウウムとうなる。ガビーンとショック。驚きの連続だ。

芸術は爆発が作り手の言葉なら、鑑賞する側としては
芸術は驚きだ。

コラージュ (c)石森 忍
板絵部分 30cm×22cm

今月のカレンダーへ ↑

2006/12/30 SAT kabaya プチチョコカバ hp03175

kabaya プチチョコカバ

ついにカバヤがカバのチョコレートを出した!

「感動です。カバヤがかばをもちーふにした商品を作ってくれて!!」と喜ぶ力持ちMKさん。二人で手をとりあって感涙。

11月、カバヤのカバ車のお披露目式に参加したばこさんが「お土産に来月発売のプチカバチョコをいただきました」とCAFEで言ってたでしょう?気になってた。探したが見つからずホントに商品としてだしたのか、東京では売ってないのかと心配していたのだが、先日YTさんが送ってきてくれた。九段下のローソンでみつけたそうな。他のローソンでも見たとか。よしローソンだね。ありがとうYTさん!

このチョコレート、ちょっとこどもっぽ過ぎるのが欠点。かわいいのはいいけれど幼稚にならないでほしいなぁ。第2弾はぜひ大人向けカバのチョレート菓子をお願いします。今年で創業60周年を迎えるカバヤ。ヒット商品「さくさくパンダ」に続くカバのお菓子を作ってください、カバヤさん!

カバヤ食品 プチカバチョコ

60周年がカバヤなら我がサイトは今年で6周年。来年も、【今日のかば】は続くのかなぁ?続けるんだろうなぁ?

今年もカバを通じてたくさんの出会いがあったことに感謝しています。みなさんありがとうございました。いろいろと至らないこともあると思いますが、これからもカバいっぱいの楽しいサイトを作っていきたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

2007年もヒッポでハッピーな年でありますように!

今月のカレンダーへ ↑

今日のカバ 2006年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


今日のカバカレンダー