今日のカバ 2018年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


2018年12月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
0 0 0 0 0 0 1
2 3
カバ柄の布 スイミング
4
マスキングテープ 15mm ヒッポ
5
canon creative park paper craft カバ
6
歯痛トンプク
7
銅版画「hippopotamus mez」
8
9 10
11
12
13
14
15
16 17
18
19
20
21
22
23 24 25 26
27
28
29
30 31
0 0 0 0 0

2018/12/03 Mon カバ柄の布 スイミング hp06470

カバ柄の布 スイミング


「今日 日本橋高島屋へ寄りました タカシマヤです ふふ」

こぶたさんからカバ情報のメールが届いた。「ふふ」の文字に「ふふふ」と去年のことを思い出した。

昨年7月こぶたさんから日本橋高島屋のカバ情報をもらってすぐ走ったが、私が走った先は日本橋三越だったっけ。走りました。今度はちゃんとタカシマヤへ!

美術工芸サロンに2頭のカバがいました。亀と一緒に自然のシャワーを浴びている「Shower」と縞々の水着を着て飛び込む寸前の「3・2・1」の2作品。ブログに画像を載せました。ヒポミのカバニュース≫

吉川かおり クレイアニマル展「フンイキ」は、それぞれの動物と人間が物語のある雰囲気を作っていて、素敵な展示です。明日(午後4時閉場)まで。

3・2・1と飛び込んだカバは生地の中に!赤ちゃん用のものを作るのに良さそうな柔らかな綿100%。やさしい触り心地やさしい色使いの布です。

Dailylike
A wonderful dream swimming hippo
PROJECT FABRIC 2018
デコレクションズで購入。

今月のカレンダーへ ↑

2018/12/04 Tue マスキングテープ 15mm Hippo hp06471

マスキングテープ 15mm  Hippo


きょうはいつもよりボーッと生きてます。

季節外れの暖かさ。外の気温は24℃だって!!

昨日に続いてこぶたさんからのカバ情報、日本橋高島屋です。1Fの婦人洋品売り場の期間限定販売「タイアンドコー」にカバものがありました。

不思議な絵の世界が広がっています。長財布、革バッグ、スマホ入れポシェットにカバがありました。ピンク系の色はカバらしい。しかしカバはカバらしくないカバです。

ヒポミのかばニュース≫(日本橋高島屋の1F)

きょうのカバはピンク色のマスキングテープ。邪魔にならずに使えます。1個は使うつもりで、1個は保存用に、もう1個は予備に。コレクターとして完璧な買い方でしょ!

デコレクションズで購入。

今月のカレンダーへ ↑

2018/12/05 Wed canon creative park paper craft カバ hp06480

canon creative park paper craft カバ


完成しました。

先月29日に紹介したCANON Creative Park のペーパークラフトをダウンロードして切って貼って組立てました。

体長32㎝ 思っていたより大きく、存在感あるカバです。先日作ったカバの頭と違って、型紙はきちんとしているし、指示書も丁寧だから迷いなく進みました。

不器用なのと、目のピントがいまひとつぴしっと合わないのは嘆かわしいところで、もう少しきれいに作りたかったけれど、どうにか完成。

いやぁ、嬉しいものです。情報をくださったHiroさんに報告です。 Hiroさん、見てください!

Canon Creative Park

ペーパークラフト>動物>カバ

今月のカレンダーへ ↑

2018/12/06 Thu 歯痛トンプク パッケージ hp06478
差し出してから1か月後。

歯痛トンプク パッケージ


春さんから届いた封筒には壮絶な痕跡が残っていた。

ごく普通の封書に、82円の切手が3枚。それぞれ消印が押してあり、宛先不明のゴム印に担当者の印が2つ。

「再差出です」と書かれた青いポストイットが貼られ、封筒には「郵便局へ」と赤丸で囲まれて怒りの伝言が書いてある。

春さんによると、料金不足で戻ってきたことから始まる。厚みがあるとは思えなかったが台紙一枚を抜いて送りなおした。

私の引越し前の住所に送ったので宛先不明で再び戻ってきた。これは自分の間違いだ仕方ない。しかし新住所で再送したらまた戻ってきた。

再度宛先不明になったのを見て、春さんは怒った。「いいかげん意地悪はやめてください。郵便番号1字まちがえていて、宛先不明はないでしょう。頭を使って!」

中身の箱の厚さは8ミリ。厚紙が2ミリだとしたら封筒に入れた状態で11ミリくらいか。定形内の厚さは10ミリまで。郵便番号の1字違いは機械ならはじくだろう。やりとりにもはや人間は介在してなかったのかもしれない。

1か月間行ったり来たり、封筒の中で不安だっただろうカバは無事到着した。中身はカバイラストの歯痛トンプク薬。未開封。お宝感がある。昭和か大正か。

製造販売元の明治薬品株式会社は今も同じ場所にある現役の製薬会社である。住居表示の松富町は今の外神田。

以下外箱に書かれた文字を写します。

「効能は歯痛・頭痛 。内容1包(1.3瓦)中 :フエナゼチン0.2瓦 アセチルサリチル酸0.6瓦 ブロムワレリル尿素0.4瓦 用法用量:大人1回…1包宛・15~8才…2分/1包・ 7~5才…3分1包・4~3才…6分/1包 1日1~2回 清水又は白湯にて服用す・ 注意:劇痛の時にても定められた量を頓服し痛みが一時止り又痛み出す様な時には定められた量の半分を服用するを可とす」

「歯痛トンプク」 4包入り 明治薬品株式会社

春さんから届くカバにはいつも物語がついてきて、忘れられないカバになる。

春さん、貴重なお宝ありがとうございました。

今月のカレンダーへ ↑

2018/12/07 Fri 銅版画「Hippopotamus mez」 hp06477

銅版画「hippopotamus mez」


手動エレベーターに乗るには勇気がいる。

銀座1丁目の「奥野ビル」は昭和初期に建てられた高級アパートで、今はギャラリーが並ぶアートビルとして使われている。

その中の個展でカバの版画があったと運び屋NKさんから情報をもらい行ったのは11月中旬だった。

周囲に比べていかにも古色蒼然とした建物の、前を通ったことはあったが中に入ったのは初めてです。

入口近くにエレベータがあって目当ては4階だから扉の前に立つには立ったが、中を覗いて怯んだ。私には乗る勇気がありませんでした…。

丸いステンドグラスがあるギャラリー邨「石田敦子・伊藤久夫 銅版画二人展」にカバがいた。細かい線で綿密に描かれた画が並ぶ中に、カバだけが黒い塊で視野に入ってきた。やぁ、寝てるネ!

伊藤久夫『Hippopotamus mez 』
268×194mm

ヒポミのTwitter

今月のカレンダーへ ↑

今日のカバ 2018年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月


今日のカバカレンダー