【今日のカバ】 2016年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

2016年10月

sun sun sun sun sun sun sun
0 0 0 0 0 0 1
2
3
カバの親子 リンコナダ
4
postcard 15200 北村直登
5
postcard 12509 北村直登
6
ポストカード by古生物復元画家 小田隆
7
ポストカード カバの頭骨 小田隆
8
9
10
Frank Meisler  Hippo
11
ヒポミトート
12
ヒポミT
13
ヒポミ切手
14
ヒポミグッズ
15
16
17
ポポタムへ
18
ポポタム正面
19
かば祭り会場
20
作家展示販売コーナー
21
アフリカの展示
22
23
24
また会いましょう!
25
かば祭り 中南米の展示
26
かば祭り ヨーロッパの展示
27
かば祭り アジアの展示
28
かば祭り 日本の展示
29
30
31

2016/10/03 Monカバの親子 リンコナダ hp05716

カバの親子 リンコナダ

リンコナダの陶器

ウルグアイの素朴な素焼き民芸品だった陶器人形もだんだん高級感が増してきた。金銀にエナメル彩色、豪華に着飾ったカバ親子です。

今月のカレンダーへ ↑

2016/10/04 Tue postcard 15200 北村直登 hp05719

postcard 15200 北村直登

伊勢丹新宿店で華やかに動物達が遊んでいた。

北村直登さんの作品コーナーができていて、賑やかに色彩豊かにのびのびと動物が都会のデパートの一角を占めていた。キリンの絵が良い。

カバも大きな絵があって、新しい家に似合うだろうかと行きつ戻りつしながら絵を見た。何回かの往復をして、その間に絵葉書の束からカバを探したりした。その時に見つけたカバのポストカードの一つ。

「15200 自己評価高すぎて爆笑 カバ」 北村直登

今月のカレンダーへ ↑

2016/10/05 Wed postcard 12509 北村直登 hp05720

postcard 12509 北村直登

絵を買おうかどうしようか?

北村直登さんの作品コーナーで迷いながら見つけたポストカードもうひとつ。結局大きな絵は買わなかった。後になってから買っておけばよかったと思うのかなぁ…。

でも、この作家はこれから、きっともっといいかばを描くような気がして、変わるかもしれないから。そんなことを期待して、次の出会いを待つことにした。

「12509 俺に出来る最大の努力で俺、変わるから!何も変わらない河馬」 北村直登

今月のカレンダーへ ↑

2016/10/06 Thu ポストカード by古生物復元画家 小田隆 hp05718

ポストカード by古生物復元画家 小田隆

8月お盆前の東急ハンズではいろいろなイベントが開かれていた。

人だかりは、大きな動物の絵をサインペンでサッササッサと描いている人を囲んで見ていた。白い紙の上にみるみる動物が現れる。

人垣の中心で描いている人は「古生物復元画家」の小田隆さん。これがきっかけで小田隆さんがイベントを開いていることを知り、イベント会場の神保町へ行ったのです。

今月のカレンダーへ ↑

2016/10/07 Fri ポストカード カバの頭骨 小田隆 hp05724

ポストカード カバの頭骨 小田隆

神保町『ヴンダーカンマ―』

自然と人工物が織りなす奇跡 現代版「驚異の部屋」2016 テーマは「混沌」。自然に魅せられ、造形美を追究した作品を精力的に生み出している、いま活躍中の20組のクリエイターと研究者が神保町に集まり、コレクション・作品・グッズを並べて皆様をお迎えいたします。自然物と人工物が織りなす、真夏のアートイベントをお楽しみください。

会場の奥野カルタ店2階に広がる虫や動物、骨やTシャツなどの混沌は楽しかった。去り難くて2周、3周と会場をグルグル巡る。

東急ハンズで描いていた絵はカバを描けば完成で、絵を完成させるイベントの日にも神保町へ行って小田さんが描く様子を間近で見た。

カバの写真を見ながら迷いなく時折スタッフと映画『シン・ゴジラ』の話なんかしながらマッキーのサインペンをサラサラと動かし、そうしているうちに白い紙の上に生きているようなカバが現れてくる様子はなんだか不思議な気がした。

写真はカバの頭骨のポストカード。原画は67×98cmの大きさで、製作過程がブログで紹介されています。(カバの頭骨を描く1〜12)

小田隆さんにポストカードをわけてもらいました。かば祭りで販売します!

小田隆さんの公式ウェブサイト
STUDIO D'ARTE CORVO

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/10 Mon Frank Meisler Hippo hp05733

Frank Meisler  Hippo

今週末から「かば祭り2016」が始まります。

かばコレクションは現在5733個、国籍不明のカバもたくさんいるけれど、わかっている範囲では、その国籍は80余か国。かば祭り2016では、各国から代表カバを選んで並べます。

写真は最近入手したイスラエルのアート界を代表する、フランク・マイズラーの作品。イスラエル代表としてかば祭りに参加します!ぜひ実物で迫力の質感を味わってください。

制作年1990年頃 アルミに金、銀メッキ 体長26cm
Frank Meisler 「HIPPO」

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/11 Tue ヒポミトートバッグ 番外

ヒポミトート

日本の代表カバは、12名の作家さん達の作品です。

戦後はカバヤのカバが、昭和はイソジンのカバが日本を代表するカバと言えるでしょう。そして、今回かば祭りに参加してくれる計12名の作家の作品が、現代の日本のカバの代表です。

どんなカバ作品があるのか、ワクワクドキドキ!楽しみにしてます。

ちょっとだけですがヒポミグッズも用意しました。写真はA4サイズが縦に入るトートバッグ生成りに金のヒポミです。同じ大きさで黒地に白の色違いの2種類。1400円

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/12 Wed ヒポミT 番外

ヒポミT

Tシャツもあります。

大きさは160・S・Mの3種類、女性のMサイズの方は160、女性のLサイズの方はSが良いと思います。男性のMサイズの方はS、男性のLサイズがMになります。

白地に金のヒポミ、白地に黒のヒポミの2種類。ヒポミT2700円

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/13 Thu ヒポミ切手 番外

ヒポミ切手

ちょっとだけオリジナル切手を作りました

82円切手20枚で1シート。限定10シート。実際に82円切手として使用できます。ヒポミ切手1シート3400円。

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/14 Fri ヒポミグッズ 番外

ヒポミグッズ

先ほど展示を終えてきました。

選手団がスタジアムの壁いっぱい埋めた開会式と言った雰囲気、カバがポポタムさんのギャラリーに詰め込まれました。

中央のピッチには12名の作家のカバ作品。どれも楽しいものばかりです。ヒポミ手作りグッズもちょっとだけ売ってます。明日の13時開幕です!

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/17 Mon ポポタムへの道 番外

ポポタムへの道

ブックギャラリーポポタムは閑静な住宅街にあります。

目白駅から住宅街の細い道を7分、電柱の案内看板も目印に歩いてください。ポポタムのカバがご案内します。

近くには目白庭園やフランク・ロイド・ライトの設計した自由学園の明日館(みょうにちかん)などがあります。(どちらも、きょう月曜はお休み)

一昨日、昨日とたくさんのお客様に来ていただいてカバ話で盛り上がり、楽しい時間が流れています。

かばや(蒲谷)さんという名前の方の出現にびっくりしたり、「ムーミンはやっぱりカバだった」という説(これはまたゆっくりお話ししましょう)を聞いて驚いたり、カバとの運命的な出会いや、カバ御殿建設の夢を語っていただいたり。

旭山動物園、宇都宮動物園、台湾の動物園の魅力や上野動物園のジローとユイのかわいいコミュニケーションの話等など・・・、来てくださった皆さんのカバのお話はカバ愛にあふれていて、嬉しくなっちゃう。

きょうの東京は寒いけれど、きっとかば祭りの会場にはゆったりほんわかと温かな時間が流れていると思います。

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/18 Tue ポポタムでかば祭り 番外

ポポタム正面

ポポタムでかば祭り4日目を迎えます。

連日カバ好きさん達(そうでない人も)が、ポポタムに集い、カバに囲まれてのほほん、ほんわかとおしゃべりしたりカバ見たりして過ごしています。

かば祭り期間中って本当に最高に幸せな気分です。来てくださったみなさん、ありがとう!そしてまだ来てない方はどうぞポポタムにお運びください。

4歳くらいの男の子が会場を一回りして言いました。
「カバしかいないじゃないか!」

以前のかば祭りでもこう言われたことがありましたっけ。そうなんです。カバしかいない。私はこう言われるのが大好きです。

カバしかいないけど、どうぞどうぞ遊びに来てください。

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/19 Wed かば祭り会場を覗く 番外

かば祭り会場

きょうは、かば祭りお休みです。

会場のブックギャラリーポポタムは、入口を入るとすぐ本屋さんで、奥がギャラリーです。写真は本屋さんからみたギャラリー、かば祭り会場です。

正面の壁面はアフリカ、向かって左手に中南米、北米、ヨーロッパのカバが、右手にアジア日本のカバが並び、中央の低い台の上に12人の作家のカバ作品があります。

本屋さんにも売り物ではないけれどカバが顔を出しています。本屋さんに隠れているカバも探してみてください。

明日から四日間、かば祭りは23日(日)まで。

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/20 Thu 作家展示販売コーナー 番外

作家展示販売コーナー

12人の作家のみなさんの作品が並んでいます。

だいぶ売れてしまったのですが、後半に向けて少し補充もしていますので、販売コーナーのチェックもお忘れなく。

今月のカレンダーへ ↑

2016/10/21 Fri アフリカの展示 番外

アフリカの展示

かば祭り開催中!

写真はアフリカの展示です。ジンバブエの布、アフリカの地図を中心にした切手のパネル。このパネルは切手が増える度に更新して、最初に作った時より切手の面積が増えました。

左端にちょっと見えるのはローマ時代のコイン、その斜め下にある輪はケニアのネックレス。右端にはコインの額がたてかけてあります。

台の上にはアフリカ各国の置物が並んでいます。置物の一番右で口を開けているのは今月10日に紹介したイスラエルの置物です。

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/24 Mon また会いましょう! 番外

また会いましょう

かば祭り2016は昨日で終了しました。

たくさんのお客様に来ていただいて、カバ情報やカバの思い出、カバにまつわる様々なお話をうかがえて、楽しい嬉しい幸せな時間を過ごしました。

今回展示したカバ達もたくさんの方に見ていただいて、きっととっても幸せだったと思います。お運びくださったみなさま、ありがとうございました。

参加した各国代表選手のカバ達は、きょう家に帰ります。

会場のポポタムさんでは、カバグッズなどの販売を明日まで受け付けていますので、購入を希望される方はポポタムさんまでお問合せください。ポポタムさんのネットショップで売っているものもありますので、ポポタムさんのサイトもご覧くださいネ。

ブックギャラリーポポタム

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/25 Tue かば祭り 中南米の展示 番外

かば祭り 中南米の展示

中南米の展示です。

画像上部は壁面に展示したペルーの4つのカバ。下部は台に並べたカバ。向かって左からメキシコのぬいぐるみ、コスタリカの木のカバ、ウルグアイのリンコナダと素焼きの置物、一番右はブラジルの陶器。

会場に来ていただいたお客様のカバはヒポミのツイッターで!

カバの手拭いはポポタムさんのオンラインストアで買えます。
ブックギャラリーポポタム オンラインストア

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/26 Wed かば祭り ヨーロッパの展示 番外

かば祭り ヨーロッパの展示

ヨーロッパの展示の一部です。

イタリアの樹脂のフィギュア、スペイン リアドロ ナオの陶器、スイスのガラス、ハンガリー、ホロハーザの陶器フィギュア、チェコの木の人形、フィンランドの貯金箱、スエーデンのガラス、ドイツ ケーセンのぬいぐるみ、ベルギーの金属、ノルウェーのぬいぐるみの本。

会場に来ていただいたお客様のカバはヒポミのツイッターで!

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/27 Thu かば祭り アジアの展示 番外

かば祭り アジアの展示

アジアのカバ

タバコをくわえて新聞を読んでいるのはフィリピンの張子。手前の壁にはネパールとバングラデシュの編み物はポシェットとキーケース。

正面の壁にはスリランカの紅茶パッケージ、インドネシアバチックの布でできたぬいぐるみ、インドの革の貯金箱、タイの玩具パズル、マレーシアのピューターのフィギュア、韓国の樹脂フィギュアが並びます。

台の上で向かいあっているのは中国の石のカバ、右は玉(ギョク)のカバです。

お客様のカバはヒポミのツイッターで!

今月のカレンダーへ ↑
2016/10/28 Fri かば祭り 日本の展示 番外

かば祭り 日本の展示

日本のカバの代表です。

カバヤキャラメルの問屋さん向けに作ったエプロン、カバヤ文庫カード、auジュニアケータイのランドセル型ケース、カバのついたパッケージ、スタンプの額、かば祭りのきっかけになった布が壁に並んでいます。

イソジン時代の店舗用かばくん、角川ディスくん、かばおくん、編みぐるみが台の上に並んでいます。

カバのついたパッケージ上段左の「豆寒天」は宮城製粉株式会社のものです。

今月のカレンダーへ ↑

【今日のカバ】 2016年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

ホームへ