【今日のカバ】 2017年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

2017年9月

sun sun sun sun sun sun sun
1 2
3 4
スイカバー グミ
5
7in1 Animal Multi Tool
6
Castagna
7
昭和30年代の小さな磁器の吠えるカバ
8
昭和30年代の小さな磁器のカバ
9
10 11
羊毛フェルトのカバブローチ
12
小銭入れ ガマグチ
13
『吾輩の部屋である』
14
Momon Kayon ポストカード
15
日傘 志村リョウ
16
17 18 19
ギャラリー木兎の時計
20
テープ サファリ
21
BONA 貯金箱
22
mina perhonen
23
24 25
mina perhonen
26
鉛筆幻燈画 こんの純一
27
『河馬家紋帳』
28
かわいいどうぶつえんゼリー
29
紙粘土に布
30

2017/09/04Mon スイカバーグミ hp06024

金属の口開けカバの置物

私は機嫌がいい!

サッカーの勝ちっぷりに、未来に、上機嫌。来年が楽しみだ。いっぽう夫は機嫌が悪い。武井咲ちゃんが結婚したからネ。

きのう、9月3日はグミの日<9(グ)3(ミ)> スイカバーの形と味のグミ「スイカバーグミ」。すいかば君がグミを持つ姿に思わず買っちゃった。

LOTTE スイカバーグミ

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/05Tue 7in1 Animal Multi Tool hp06006

7in1 Animal Multi Tool

カバじゃないってば。

と言ったのに夫はカバだと言う。

店の人に聞いたら「カバ…かナ!?」と呟いたものだから、夫の鼻の穴は膨らんだ。ほら見ろ、カバだ。

念のため帳簿を調べてもらったが、アニマルとしか書いてない。カバではないと思うのに、夫と店員さんに説得されて買ってしまった。

さてあらためて見てどうか?ウ〜ン、やっぱりカバではないような気がするんだけれど…。ねぇ

ドライバー、栓抜き、ナイフ、穴あけ、ペンチ、ヤスリ、缶切り等あれば便利な七つ道具がまとまって入ったアニマル。

(c)Kikkerland Design
Design by Scratch Design
体長8cm

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/06Wed 愛し合う二人 hp06007

Castagna

カバコレクションを引退したU氏から春に一箱コレクションを譲り受けたが、追加で小さな一箱が送られてきた。中には特別に大切に包まれたカバ達。

愛し合うカバのフィギュアはその中のひとつ。U氏はニヤッとしながら時々このカバのことを話していたっけ。フランスカバ協会のメンバーからのプレゼントだと聞いた。

Uさん、彼らは我家の木陰でずっと愛し合っていて、私は目のやり場に困ってます。

リアルな動物フィギュアを作るイタリアCastagna社製。 W80×D55×H80mm

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/07Thu 昭和30年代の小さな磁器の吠えるカバ hp06008

昭和30年代の小さな磁器の吠えるカバ

引っ越して2年、庭の草木が落ち着いてきた。

同時に雑草もひょこひょこと出始めた。前の家とは違う雑草もあり、前の家でも戦い続けたドクダミもちらほら顔をだしている。新しい家でも雑草との戦いが始まる。

以前の家にはいなかった生きものとも遭遇する。オオミスジコウガイビルという見た目の不気味な生き物が塀の脇を歩いていて飛び上ったが、憎きナメクジを食べるイイヤツらしい。

トカゲも背の筋をきらきら光らせながら歩き回っている。ヤモリともすれ違う。庭の住人がこんな風に増えてきて、家もやっと我が家と呼べるようになってきたような。

名古屋「モノコト」で力持ちMSさんが見つけてきてくれたピンクの小さな磁器のカバ。 吠えてます。体長7cm

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/08Fri 昭和30年代の小さな磁器の伏せるカバ hp06009

昭和30年代の小さな磁器の伏せるカバ

二科展でカバの絵があった!

と、いつもはディズニーのカバ情報をくれるTKさんから情報が入った。二科展ですか。芸術の秋ですネ。

写メをみるとなかなか良い絵です。カバ美術館ができた時には飾りたい。

名古屋「モノコト」で力持ちMSさんが見つけてきてくれたピンクの小さな磁器のカバもう二つ。横たわってます。体長5cm

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/11Mon 羊毛フェルトのカバブローチ hp06010

羊毛フェルトのカバブローチ

心やさしく繊細

作家の魂が宿っているようなカバの表情。語り掛けると答えてくれるようだ。悩みを聞いてくれるだろう、一緒に喜んでくれるだろう、怒りを穏やかにしてくれるだろう。

言葉少なで恥ずかしがり屋、人見知り。たぶん作家はそんな人で、ひとつひとつ丁寧に、心をこめて作っているにちがいない。

羊毛フェルトブローチ 80mm×65mm
浅草で開催されたドールワールドフェスティバル(6月)で購入
DEME わさだみき 羊毛パビリオン

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/12Tue 小銭入れ ガマグチ hp06011

小銭入れ ガマグチ

和のカバは嬉しい

この柄でバッグ、ポーチ、ガマグチ、ブックカバーが揃いました。

バッグの中にポーチとガマグチを入れ、ブックカバーを本にかけて…カバ尽くし。これで着物がカバ柄ならば…。カバ柄の浴衣、だれか作って!

多摩地区担当FSさんから寄贈
ありがとうごさいます!

WABISUKE

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/13Wed 『吾輩の部屋である』 hp06046

『吾輩の部屋である』

カバの置物が部屋にある。

「全ての一人暮らしの人に捧ぐ哲学的部屋コメディー」に登場するのは一人暮らしの理科系大学院生 鍵山哲郎とその部屋の物達。

ビン、炊飯器、照明、そしてカバの置物が主人公に突っ込みの台詞を言う。注目すべきは部屋にある置物がライオンでも象でもキリンでもなくパンダでもなくカバということです。ネ!

何故カバか考えてみてください。静かで思慮深く温かくやさしく大きく見守ってくれる知的な動物だからです。ゼッタイ。ま、著者の持っているカバの置物がモデルらしい。著者がカバ好きか(このカバを私は持ってない・・)本の帯に写真が載ってます。

カバ情報屋ヒロさんからカバの置物がしゃべるドラマが始まると情報をもらい、昨日本屋に走って原作1〜5巻を大人買いして読みました。笑った。主人公は若い男子だが、一人暮らしの人間なら誰でも出くわす些細だが重大な日常が描かれています。

写真は私の部屋である。右上の黒いカバは机の脇にいる私のカバの置物です。

ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
田岡りき 『吾輩の部屋である』 小学館

テレビドラマ「吾輩の部屋である」
http://www.ntv.co.jp/wagaheya/
日テレ 2017年9月18日(月)24:59〜

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/14Thu Momon Kayon ポストカード hp06013

Momon Kayon ポストカード

伊東屋にはカバがいる。

カバ コレクターHiroさんから情報をもらって伊東屋へ行くこと既に数回か。昔からいるのだ伊東屋には。

できるなら、カバがいたよ!と先に言いたいのだけれど、Hiroさんが先のことが圧倒的に多い、悔しいけどこのポストカードもHiroさんからもらった情報です。ありがとうHiroさん。

刺繍のカバを印刷したポストカード。原画の刺繍が欲しいです。

(c)7days cards
デザインMomoko Fujie

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/15Fri 日傘 志村リョウ hp06017

 日傘 志村リョウ

暑さ寒さも彼岸まで

あまり暑くない夏だったけれど、彼岸を過ぎれば秋の空気に変わる。もはや日傘の出番はないだろう。

6月に浅草橋のギャラリーで開かれた志村リョウ展でカバの形で傘の柄の展示があった。柄だけでも欲しいな・・と思ったら、志村リョウさんのカバの絵で傘を注文できるという。

注文は苦手だ。センスが無いから自分で選んだ組み合わせで上手くいったことはない。会場にいた志村リョウさんにいちいち意見を聞いて、どうにか注文できて、3週間ほどだっただろうか、送られてきた日傘は自分の趣味が反映していたように思う。志村リョウさんありがとう。

写真ではよくみえないが、この傘のチャームポイントは柄のカバです。
Umbrella Factory株ラグ・タイム 製作
柄と柄のデザイン志村リョウ
浅草橋gallerykissaにて注文

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/19Tue ギャラリー木兎の時計 hp06018

ギャラリー木兎の時計

”日本橋高島屋にて 火曜日までだそうです。”

7月のある日、こぶたさんから写メが届いたのは午後2時ごろだった。画像には木の時計のカバがいる。私はやっていた作業を中断して出かけた。出不精だがカバのためには飛びます。いざ日本橋へ。

しかし、デパート中の催し物や売り場を歩いたものの見つからず、ついに正面玄関入口の案内所で聞いた。「火曜日まで動物の木の時計を売っている催しはどこ?」情報はこれだけだ。パソコンのメールを見て飛び出してきた。メールも画像もみられない。

美しく親切な案内嬢は電話であちらこちらの売り場に問い合わせながら、懸命に探してくれた。が、一向に見つからない。何かが違っていたのかもしれないと私も自信がなくなってきた。もういい、諦める。

礼を言って帰ろうとしたとき、案内嬢は「火曜日まで、ですよね?」とファイルから他のデパートの催しをみつけ、そのデパートに電話をかけた。しばらくやり取りが続いた後、電話を切った彼女は言った。

「大変お待たせいたしました。日本橋高島屋7階の家庭用品売り場の催事で木のカバの時計を扱っています」

その時私がいたのは日本橋三越の案内所だった。三越から高島屋へ歩き、7階に上がり、このカバの時計を見た時にはもはや顔が牛のようでも尻尾が豚のようでも、この子を連れ帰らなくてどうするという気持ちになっていて、迷いなく買ったのであります。

こぶたさんのメールにはちゃんと「日本橋高島屋にて」と書いてあるのに、どこでどう変わってしまったのか…。原因はわかりませんが、ま、そういうわけで。無事ゲットできました。

こぶたさん、情報ありがとう。

ギャラリー木兎(もくと) 木の時計 体長15.5cm

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/20 Wed テープサファリ hp06019

テープサファリ

カバの置物がでてくるドラマ『吾輩の部屋である』見ましたか?

カバの置物がある部屋は私の部屋だとも思えたりして。なんだかウフフと見てました。今後、カバが一つずつ増えていくな〜ンて話にならないかしら。

カバ情報屋ヒロさんから寄贈のサファリ柄のテープ。

Prime Nakamura co.ltd 15mm幅 25m巻

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/21Thu BONA 貯金箱 hp06020

テープサファリ

6月、春さんからのメールの最後の一言が気になった。

”友人が可愛いいカバの貯金箱をつくっているのですが、高いのでパスしています(笑)”

私はパスできない。気になると返信したら、製作途中の写真を見つけて送ってくれた。同じ体型で違う動物の顔の貯金箱が並んでいる。

春さんがカバ貯金箱一作目を見たときにはすでに売約済み、二作目は顔がかわいくないと作家が売らず、いま三作目を製作中とのことだった。どこか魅力があるカバだった。

一か月ほどして春さんから完成した作品の写真が届いた。いい顔じゃないか!包み込んでくれるようなやさしさ温かさが作品全体から漂う。おそらく作家はそういう人なのだろう。

8500円の貯金箱は高いけど、大枚払っちゃおう。春さんに取り次いでもらい我が家にやってきたカバ貯金箱くんBONAです。

BONA 陶器の貯金箱 高さ21cm
作家 しがみさこ

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/22Fri フィンランド銀行の貯金箱 hp06016

mina perhonen

人気のカバの貯金箱

復刻版も多くでているけれど、これはフィンランド銀行のマークがお尻にある本物。

エムケートレスマー社製 piggies
mina perhonen

halutaマーチエキュート で購入

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/25Mon Papo カバの母 hp06028

Papo カバの母

希望は生きる力

我家の薔薇、ホープスアンドドリームス(希望と夢)は夏の間も今もほとんど休むことなく花を咲かせている。

それほど好きではなかった花だが、雨に打たれても、暑さにさらされても、虫に食べられても、次から次へと懸命に蕾をつけ続け花を咲かせる姿に心動かされ、好きになってきた。

希望と夢の蕾を持ち続けることは生きること。日々に紛れて忘れてしまった希望と夢を思い出し、描き、頑張らなきゃ。

体長14cm
(c)Papo 2014 フランス

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/26Tue 鉛筆幻燈画 こんの純一 hp06026

鉛筆幻燈画 こんの純一

部屋にカバ一人

先週から始まった テレビドラマ「吾輩の部屋である」をVTRに撮って見ている。きのうは初回に比べるとカバのアップの場面が多くて嬉しいね(^^)

味があって絵になるカバだなと見入っている。あのカバは、どこで売ってるものかしら?それともオリジナル?一目みてわからないようじゃ、ふっ、私もまだまだね。

今日のカバはお金で買えないもの。ブックギャラリーポポタムさんからいただいた鉛筆画。鉛筆とケシゴムだけで描く絵を「鉛筆幻燈画」と名付けて描いているこんの純一さんの作品です。

作家がブックギャラリーのために描いて寄贈したものを、ポポタム店主の好意で我がカバコレクションに加えさせていただいた。部屋にはカバが頭を出す、虹がかかった雨上がりカバはどこか懐かしく幸せそうじゃありませんか。

28日まで武蔵小金井でこんの純一さんの個展が開かれている。案内には馬の絵があるが、カバの絵があるかどうかはわからない。

「こんの純一 鉛筆画展 /tsu-re-su-re/」
ギャラリーブロッケン 小金井市本町3-4-35
9月21日(木)〜28日(木) 12:00-19:00

鉛筆幻燈の日々(こんの純一さんのホームページ)

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/27Wed 『河馬家紋帳』 hp06027

『河馬家紋帳』

カバが登場するテレビ番組もう一つ。コビトカバです。

コビトカバの名前がドヴォルザーク。つまりドヴォルザークがコビトカバ。NHKのTVアニメ『クラシカロイド』の第2シリーズが始まる。

7月にこの情報を得て、再放送中の第1シリーズを見た。ハチャメチャでドタバタ、アニメらしいアニメだ。騒々しい喧しいと思うのは私が歳を重ねたからでしょうか。これにコビトカバが加わるのか。どうなる?

10月7日(土)午後5時35分スタート。

クラシカロイド 公式ツイッター

今日のカバは『河馬家紋帳』カバカモンという音もよろしいですナ。

私製 河馬家紋帳
著者:高橋菜穂子
発行者:竹柴鏡
印刷・製本:蛙月庵
ブックギャラリーポポタムで購入。

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/28Thu かわいいどうぶつえんゼリー hp06030

 かわいいどうぶつえんゼリー

銀座松屋でリサラ−ソンのカバをみつけた。

なかなか手に入らない昔のもの3種類がレジ前の小さな棚に並んでいた。そういえば今週初めまで展示会をやっていたっけ。カバがあったのね。

3つともかなりの高値。うち一つは売約済みの赤丸がついている。一番大きいカバがかわいいのに、売れてないんだ。買っちゃおうかな?

大きいのに一番安い。それでも即決できない価格だから、横から上から斜めからカバを見て、もう一度持ち上げて底を見た。

そのとき再び目に入った価格シールに危くカバを落としそうになった。桁が違う。一桁少なく読み間違えていた。簡単に変えない値段。購入はあっさり諦めたのであります。

どうぶつえんゼリーにカバはいるか?カバコネクションでHiroさんからの情報がなければあっさり諦めていただろう。あると信じて根気強く探しました。

生菓子パッケージ 27個中1個のカバ

西友で購入
エースベーカリー 「どうぶつえんゼリー」 158円

今月のカレンダーへ ↑

2017/09/29Fri 紙粘土に布 hp06029

紙粘土に布

スーパーイワダレソウが庭を覆った。

春に植えたヤナカショウガが爽やかなニオイを放っている。ミョウガも出始めた。薬味に欲しいときは小さく出て来た芽をポキッと折って台所へ持っていく。

紫蘇や木の芽もあるといいなぁ。

紙粘土に麻布のフィギュア 力持ちMSさんから寄贈
体長30cm

今月のカレンダーへ ↑


【今日のカバ】 2017年/1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

ホームへ